GO BIG 2016 ルールの説明

<出場資格>
・23mのランプが飛べる
・8つ以上のトリックを身につけること

<競技について>
◼︎予選(11/5開催)
海外ゲストライダーを除く全員のライダー
6本のジャンプ

・上位10名がGO BIG本戦への出場権を得る。
・3位以上はシード権を得、セミファイナルより出場。
・予選で敗れた者も本戦当日のトレインに参加する資格はある。ただし、サイン会やバイク展示は無し。

◼︎本戦(11/6開催)
ラウンド1からファイナルまで8本のジャンプ

ラウンド1
・予選順位10位〜4位までのライダーによるジャンプ。
・上位3名がセミファイナルに進出。

セミファイナル
・ラウンド1を勝ち抜いた3名とシード選手3名、さらに海外招待ライダーによるジャンプ。上位4名がファイナルへ。

ファイナル
・4名によるラウンド。最終順位を決定。



<競技の注意点>
*天候のコンディションにより競技内容を変更する場合がある。
*走行中によるマシントラブル、クラッシュによってジャッジが走行不能と判断した場合は、その時点で失格とする。
*走行中によるマシントラブル、クラッシュによってライダーが走行可能と瞬時に判断した場合は、手を挙げ、最大で5分間のタイムを取ることができる。
*走行後の何らかの理由で、次ラウンドの走行が不可能となった場合でも、その下位に当たるライダーの繰上げはなしとする。
*天候の急激な変化、または会場内で起こるアクシデントによりジャッジが続行不能と判断した場合は、一時的に中断することができる。

GO BIG 2016 :ジャッジ解説

GO BIGのジャッジは以下のように制定する。

<ジャッジ概要>
・各ライダーの持ち点は70pointからスタートする。
・3名のジャッジによる加点減点方式で満点を100点とする。
・3名のジャッジの平均点がスコアとなる。
・同点の場合はより難易度の高いトリックを出した者が上位となる。
・それでも同点の場合はスタイルを重視する。

<採点基準>
・1つのジャンプにつき、±3ポイントを与えることができる。難易度、スタイル(完成度)を評価する。
全てのランプを使うと全体の得点に+5point。
レギュラー、オールド、フリップコンボがミックスされていると全体の得点に+1point。
オールドスクールトリックを2回出さないと-4ポイント。
・デッドセラーは1回につき−10Point。







SUPPORT

RB.png

gobigspon_01.png

supportschott.png

G.png

dun.png